Cボッシュ、Dウェイド好調!ヒートが無傷の3連勝 NBA2014-15

NBA2014-15シーズン

 

4年連続でイースタンカンファレンスの王者に君臨したマイアミヒートは、今季のオフ、レブロンジェームスのFAを皮切りに主要メンバーが軒並みFA宣言をするなど王者崩壊の危機を迎えていました。

結果的にレブロンジェームズ、ラシャードウォレスは移籍となってしまいましたが、ウェイドやボッシュ、アンダーセン、ハスレム、チャルマーズなど王者を支えた多くのメンバーは残留を表明し再出発のシーズンとなっています。(レイアイレンの去就はまだ決まっていない模様です)

レブロンジェームスの抜けた穴はとてつもなく大きいことは確かですが、バスケットは1人では出来ませんし、4年連続ファイナル進出に加えて2度のチャンピオンリングを獲得した王者のメンバーにまだまだ期待してしまうファンも多いでしょう。

開幕3連勝

実際に開幕から3戦を終えたヒートは、ウィザーズ、シクサーズ、ラプターズにそれぞれ勝利していて3連勝という素晴らしい新シーズンのスタートを切っています。

ビッグ3の残った2人であるボッシュ、ウェイドの好調さも目に付きます。

マイアミファンにとってはたまらない雰囲気ですが、もともと1人でチームを引っ張ってきたプレイヤーです。

レブロンが抜けたことにより、アグレッシブに点を取りにいくケースが増えればその活躍の幅が広まるのは必然とも言えます。

クリスボッシュは既に30得点を超えるゲームもあり、明らかに昨シーズンまでのプレイとは違って見えます。

ウェイドも得点、アシスト、リバウンドと多岐にわたる活躍で2ケタリバウンド、2ケタアシストを残したゲームもありました。

 

Chris Bosh Full Highlights at 76ers (2014.11.01) – 30 Pts, 8 Reb, Beast!

 

ライバルはキャブスとブルズ?!

キャブスとブルズがイースタンカンファンレンスの上位予想チームでは人気となっていましたが、新加入のショーンウィリアムズやルオルデン、ルーキーのシャバズネイピアの活躍も上位チームと戦う時には必須となってきます。

チャルマーズやアンダーセン、ノリスコールなども安定したスタッツを残していますし、ヒートの勝率が上がればあがるほどイースタンカンファレンスは面白くなりそうです。

 

Dwyane Wade Full Highlights vs Raptors (2014.11.02) – 19 Pts, 11 Reb, 7 Ast

 

次カードは、同じく3連勝中と好調なヒューストンロケッツとの対戦となっているので目が離せません。

コメント