新生ウルブズがスリーポイントを26本沈めクリッパーズに大勝 NBA2019-20

NBA2019-20シーズン

 

先日のトレードデッドラインを前に、多くの選手が入れ替わったミネソタティンバーウルブズ。

新チームの初陣では、強豪ロサンゼルスクリッパーズを相手に様々な記録を更新しています。

 

ミネソタティンバーウルブズ

Highlights | Timberwolves 142, Clippers 115 (2.8.20)

 

前半で81得点を挙げ、142-115でクリッパーズに大勝したミネソタティンバーウルブズ。

チーム全体で26本のスリーポイントを沈めました。

前半で81得点に加え、スリーポイント26本も球団新記録です。

ジョーダンマクラフリンが24得点、マリークビーズリーが23得点、カールアンソニータウンズが22得点を記録しています。

 

Highlights | Jordan McLaughlin 24 Points, 11 Assists vs. Clippers (2.8.20)

 

Highlights | Malik Beasley 23 Points, Career-High 7 3-Pointers vs. Clippers (2.8.20)

 

Highlights | Karl-Anthony Towns 22 Points, 12 Rebounds, 9 Assists vs. Clippers (2.8.20)

 

ディアンジェロラッセルはまだ出場していませんが、チーム全体で26/44の59.1%でクリッパーズ相手にスリーポイントを沈めたのは称賛以外に当てはまらないでしょう。

 

ロサンゼルスクリッパーズ

まさかの大敗に、レナードやポールジョージが欠場?!と感じたファンも多いかもしれませんが、2人ともいつも通りプレイしていました。

ベバリーは欠場していましたが、ルーウィリアムズやハレルも出場しており今日はウルブズがよすぎたという他ないのかもしれません。

 

最後に

エース格であるアンドリューウィギンスを放出しながらも、初陣で素晴らしい結果を出したミネソタティンバーウルブズ。

今後も続くかどうかが大きなポイントですが、ウィギンスもウォリアーズでさらに進化しそうなのでディアンジェロも復帰しさらにウルブズも強くなれば結果的に好トレードと言えそうです。

 

コメント