セルティックスvsホーネッツ NBA2019-20プレシーズンゲーム

バスケットボールNBA

 

2019-20シーズンを前にホーネッツからセルティックスへ移籍したケンバウォーカー。

プレシーズンゲームの初戦で両チームが対戦しています。

ゲーム展開

 

シーソーゲームとなりましたが、最後はセルティックスが逃げ切り、結果的に107-106で勝利しています。

 

セルティックス

ケンバウォーカー

 

約20分の出場で、12得点4アシストを記録したケンバウォーカー。

ワールドカップでテイタム、ブラウン、スマートとプレイしているので驚くほど違和感がありませんでした。

 

ジェイソンテイタム

 

チーム最多となる20得点を挙げたジェイソンテイタム。

ワールドカップの捻挫が思ったほど酷くなくてなによりでした。

 

エネスカンター

 

ブレイザーズから加入となったエネスカンター。

ホーフォードとは、ややタイプが異なりますがインサイドの主軸として活躍が期待されます。

タコフォール

 

231cmの身長を武器にNBAデビューを目指すタコフォール。

身長活かしたリバウンドやディフェンスに期待が集まります。

ブロック時はベンチも大盛り上がりでした。

 

カーセンエドワーズ

 

今季ドラフト2巡目33位でセルティックス入りしたカーセンエドワーズ。

スリーポイントを3/6で沈めています。

 

ホーネッツ

テリーロジアー

 

セルティックスからホーネッツへ移籍したテリーロジアー。

約22分の出場で、9得点9アシストを記録しています。

カイリ―アービングが欠場した2018プレイオフのようなプレイに期待したいです。

 

 

最後に

昨シーズン以上の結果が期待されるセルティックス。

カイリ―アービングとアルホーフォードといった主軸2人を放出し、どのようなチームになっていくのか楽しみなところです。

ゴードンヘイワードの活躍にも注目が集まります。