ウォリアーズvsブレイザーズ Game3 NBA2019カンファレンスファイナル

この記事は約3分で読めます。

NBA2019プレイオフ

 

 

ウォリアーズがKDを欠きながらホームで連勝したウェスタンカンファレンス。

Game3はブレイザーズのホームでおこなわれました。

Game3

 

1Q

GS Warriors vs Portland Trail Blazers – Game 3 – May 18, Full 1st Qtr | 2019 NBA Playoffs

2Q

GS Warriors vs Portland Trail Blazers – Game 3 – May 18, Full 2nd Qtr | 2019 NBA Playoffs

3Q

GS Warriors vs Portland Trail Blazers – Game 3 – May 18, Full 3rd Qtr | 2019 NBA Playoffs

4Q

GS Warriors vs Portland Trail Blazers – Game 3 – Full 4th Qtr | 2019 NBA Playoffs

 

ブレイザーズがリードを奪う前半となったGame3。

最大18点までその差は広がりました。

それでもウォリアーズは、焦って早打ちすることなくメンバーを入れ替えながら第3クォーター終了時点には追い付いていました。

最終クォーターにはさらにその点差を広げ、最後はファールゲームにもブレイザーズがいかないほどとなり結果的に110-99でウォリアーズが勝利しファイナルへ王手をかけています。

1Q 2Q 3Q 4Q
GSW 27 26 29 28 110
POR 29 37 13 20 99

ウォリアーズのファイナル進出が9割方確定となるような結果とゲーム展開でした。

ブレイザーズは、スコアラー2人がいいかたちでシュートを放てないシチュエーションに陥った時、対応がほぼ出来ていません。

これまでそれで勝ってきたのは確かですが、次のステップに進まなければいけない時期なのかもしれません。

 

個人スタッツ

ウォリアーズでは、ステファンカリーが36得点を挙げGame3でもスコアリーダーとなっています。

スリーポイント6/16を含む、FG確率は42.3%とけしてよくはありませんでしたが、ここというシーンではやはり冷血に沈めてきます。

 

Stephen Curry Full Highlights 2019 WCF Game 3 Warriors vs Blazers – 36 Pts, CLUTCH! | FreeDawkins

 

ドレイモンドグリーンが20得点で続き、13リバウンド12アシスト4スティール1ブロックとアルティメットスタッツです。

ウォリアーズの数あるセットオフェンスの主軸とも思えるパスワークに加えて、タフなディフェンスとリバウンド、絶え間なく声出しをするリーダーシップなど、ウォリアーズの核とも言える活躍が続きます。

 

Draymond Green Triple-Double 2019 WCF Game 3 Warriors vs Blazers – 20-13-12! | FreeDawkins

 

クレイトンプソンは、19得点を挙げ相変わらずのベンチメンバー+1のシーンでもしっかりとゲームを+で繋いています。

敗れたブレイザーズでは、CJマッカラムが23得点、ダミアンリラードが19得点を挙げています。

ホームに移りましたが、FG確率は上がらずウォリアーズディフェンスを突破することは出来ませんでした。

 

最後に

5年連続となるファイナルをほぼ決定付けたウォリアーズ。

カズンズ、KD不在の中、幾パターンもあると思われるウォリアーズオフェンスをブレイザーズは止めることが出来ません。

また、リーグ屈指の得点力を誇るリラードとマッカラムもウォリアーズディフェンスに完全に抑えられている印象は否めず、来季はチームとして更なるステップが必要となるでしょう。

 

 

コメント