11/8 NBA2018-19 シクサーズ今季アウェイで初勝利vsペイサーズ

NBA2018-19レギュラーシーズン

 

シーズン前はセルティックス同様にイーストの中で下馬評の高かったシクサーズ。

しかし、勝率は思ったように伸びず11試合を終えて6勝5敗としています。

第12戦はアウェイでペイサーズと対戦しました。

シクサーズ vs ペイサーズ

 

1Q2Q3Q4Q
PHI29212822100
IND2327212394

 

第3クォーターで抜け出したシクサーズは、第4クォーター序盤でも点差を広げゲームを決定付けました。

最終的なスコア程のドラマはなく結果的に100-94でシクサーズが勝利しています。

 

 

シクサーズはアウェイ6戦目にして初勝利となりました。

逆にホームではまだ無敗です。

ペイサーズは7勝3敗と走り出してからの痛い連敗で5敗目です。

個人スタッツ

 

シクサーズ

シクサーズではエンビードが20得点でスコアリーダーとなっていますが、突出するようなことはなく6人の選手が2桁得点を挙げています。

サボニスのディフェンスがよかっただけかもしれませんが・・・

 

 

ベンシモンズは16得点10リバウンド8アシストのスリーポイント0/0と相変わらず好調です。

 

 

ペイサーズ

このゲームも36得点でオラディポがチームを引っ張りました。

ドライブのキレは相当なものでその後のシュートやパスもホントに上手いです。

スリーポイントが4/14と確率3割切っているのでシーズン中に上昇してこればもっと脅威になるでしょう。

 

 

最後に

イースト上位チームの対戦ではありましたが、ターンオーバーが両チームで30飛び交うガチャガチャしたゲームだった印象は否めません。

現状の先を見据えるとなるとターンオーバーを減らすというのは必須となるでしょう。

今後イーストやウェストの上位チームとの対戦がそれぞれ楽しみです。