NBA2018プレイオフハイライト

【NBA2018オールスター】ライジングスターはワールドチームが勝利

NBAライジングスターズ2018

 

いよいよ開幕したNBAオールスター2018

オールスターゲームは日本時間の2/19におこなわれますが、先駆けてデビュー1~2年目の選手でおこなわれるライジングスターが開催されました。

ライジングスターは、アメリカ出身の選手で構成されるUSAチームと、アメリカ以外の出身選手で構成されるワールドチームによる戦いとなります。

https://www.youtube.com/watch?v=Ocy24AQprYc

 

Sponsored Link


注目の若手選手も多く出場しており、ハイレベルな戦いとなりましたが序盤からスリーポイントを多く沈めたワールドチームが155-124の大差をつけて勝利しています。

world usa
1Q 40 32
2Q 38 27
3Q 40 29
4Q 37 36
155 124

 

MVPを獲得したのはキングスのボグダンボグダノビッチで、スリーポイント7/13を含む26得点で会場を沸かせました。

https://www.youtube.com/watch?v=sLQkmlk4aVE

 

チームワールドの最多得点は、キングスのバディヒールドの29得点となっています。

https://www.youtube.com/watch?v=CohlVlsbrI8

 

注目のベンシモンズは、フィールドゴール確率100%の11得点に加え13アシスト6リバウンドというスタッツを残しています。

https://www.youtube.com/watch?v=caLk0lVgHvY

 

Sponsored Link


思わぬ点差をつけられて敗れたチームUSAですが、ド派手なダンクで世界中を沸かせました。

https://www.youtube.com/watch?v=LCDDnzodeZA

 

セルティックスのジェイレンブラウンが35得点とチームを引っ張り、地元ロサンゼルスのカイルクーズマが20得点と続いています。

https://www.youtube.com/watch?v=Uixx5qvGhQw

 

今シーズンは若手選手の活躍が目立っていますが、オールスターでも魅力あふれるプレーを幾つも見せてくれました。

オールスター本線に出場する選手たちにも少しは発破がかかったのではないでしょうか?!

日本時間の2/18にはダンクコンテストとスリーポイントコンテストが開催されます。




2017-18シーズン
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント