【NBA】ステファンカリーのキャリアハイ54得点ゲーム

ステファンカリーのキャリアハイゲーム54得点。2013.0227

 

世界最高のシューター、ステファンカリー。

ゴールデンステイトウォリアーズの王朝時代を築いた中心選手です。

今回は、2013年の2月27日におこなわれたステファンカリーのキャリアハイとなる54得点ゲームをハイライトしたいと思います。

※2021年の1月4日におこなわれたブレイザーズ戦で、キャリアハイは更新されています。

 

 

2013.02.27 vs ニックス

 

前半から23得点を記録したステファンカリー。

後半に入ると、さらに勢いは増し計54得点を記録しています。

2012-13シーズンは、平均22.9得点と過去7年間で見ると最も低い数字ですが、爆発力はやはりその後と変わりません。

リーグ自体もまだスリーポイント全盛期に入る前といった雰囲気です。

 

キャリアハイゲームスタッツ

出場時間 48:00
得点 54
リバウンド 6
アシスト 7
FG確率 18/28
64.3%
3PT確率 11/13
84.6%
FT確率 7/7
100%
ターンオーバー 4
+/- -4

 

フル出場と今では考えにくいですが、このシーズン40分以上プレイしたゲームは何度もあります。

そしてスリーポイントの成功数と確率にやはり目が行きます。

11/13と一度は体験してみたいような確率でスリーポイントを沈め、後半に至っては7/7の100%です。

 

最後に

このゲームは、惜しくも4点差で敗れていますがクレイトンプソンがスリーポイント0/6の6得点、ドレイモンドグリーンも4得点と苦しみました。

また、ニックスのカーメロアンソニーも35得点を記録しています。

まだカリーもチャンピオンリングを獲得する前のゲームですが、その後もキャリアハイは更新されていません。

安定度はシーズンごとに増しているような印象ですが、これくらい好き放題暴れ回るカリーの姿もまた見たいというのがファンの本音でしょう。

 


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

キャリアハイ
OverTime

コメント