NBAスリーポイントランキング

レブロンジェームズが75回目の40得点 八村塁選手もシーズンハイの21得点でサンダーを撃破

 

インシーズントーナメント以降負け星が先行するレイカーズと、ウェスト2位と好調なサンダーの一戦。

サンダーのホームでおこなわれたゲームでしたが、レブロンジェームズが自身75度目となる40得点の活躍でチームを勝利に導きました。

レブロンジェームズは、40得点に加えて7リバウンド7アシスト、2スティール2ブロックと年齢を感じさせないマルチな活躍でした。

スリーポイントも5/5で沈め、FG確率も6割を超えました。

 

 

アンソニーデイビスが26得点11リバウンド7アシストで続き、八村塁選手も21得点6リバウンドの活躍でした。

八村塁選手は、第1クォーターから12得点を挙げシーズンハイを更新しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました