NBAスリーポイントランキング

ヒートがセルティックスに3連勝でファイナルへ王手

 

 

ヒートがアウェイで連勝スタートと、意外な展開となったイースタンカンファレンスファイナル。

第3戦はヒートのホームでおこなわれ、序盤からリードを広げ続けたヒートが128-102で快勝しファイナルへ王手をかけました。

ヒートでは、ゲイブビンセントが29得点でスコアリーダーとなっています。

スリーポイントも6/9と好調でした。

 

 

ダンカンロビンソンが22得点で続き、こちらもスリーポイントを5/7で沈めていて、チーム全体でも19-35の54.3%と好調でした。

ケイレブマーティンも18得点で好調を維持していて、バトラー、アデバヨのプレイタイムも制限できたのも大きなポイントでした。

敗れたセルティックスでは、ジェイソンテイタムの14得点が最多とやや信じられない数字となっていて、ヒートとは対照的にスリーポイント11/42の26.2%と苦しみFG確率も4割を切りました。

 

 

両カンファレンス共に3連勝となり、余程のことがない限りヒートとナゲッツのファイナルとなりそうです。

過去に8位のチームがファイナルへ進出というのは、1999年のニックスの前例がありますが、ロックアウトでシーズンが50試合しかおこなわれていないため、状況はやや異なります。

ちなみに1999年のファイナルはウェスト1位のスパーズが、ニックスに4-1で勝利しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました