セルティックスがアウェイで第5戦に勝利しファイナルへ王手

 

2-2のタイで迎えた、ヒートとセルティックスの第5戦。

前半は90年代を思い返すようなスコア展開でしたが、第3クォーターの終盤にゲームが動きました。

それまで均衡を保っていましたが、セルティックスが点差を2ケタまで広げると、第4クォーター途中には20点以上の点差となり、結果的に93-80でセルティックスが勝利し、3-2でファイナルへ王手です。

セルティックスでは、ジェイレンブラウンが25得点、ジェイソンテイタムが22得点で勝利をものにしました。

 

 

アルホーフォードとデリックホワイトも2ケタ得点でゲームを繋ぎました。

ヒートでは、バムアデバヨの18得点がチームトップで、スリーポイント確率が7/45の15.6%と大事な一戦で大ブレーキでした。

第6戦は、セルティックスのホームでおこなわれるため、ヒートは完全に追い込まれましたが、もし凌げれば第7戦は再びヒートのホームで最終戦がおこなわれます。

コメント