グリズリーズがウォリアーズに一時50点差以上の大勝 シリーズは2-3に

 

ウォリアーズの3-1でむかえた、グリズリーズとのカンファレンスセミファイナル第5戦。

グリズリーズは、エースのジャモラントを怪我で欠く中、一時50点差以上の大量リードを奪い、ホームで完勝しました。

グリズリーズでは、7人の選手が2ケタ得点を挙げ、不調が続いていたデズモンドベインがスリーポイントを4/6で沈めスコアリーダーとなっています。

 

 

第3クォーターで50点以上の点差が離れ、プレイオフ最大得点差の58得点をぶり変えそうな雰囲気でしたが、早々にガベージタイムに入り、結果的には39点差で幕を閉じました。

ウォリアーズはターンオーバーが目立ち、シュート確率はそこまで悪くなかったものの、+/-ではクレイトンプソンが-45、ステファンカリーが-37、ドレイモンドグリーンが-32と信じられないような数字でした。

ジャモラントは今後のシリーズを欠場すると言われていて、このゲームをきっかけにシリーズがひっくり返るとは思えませんが、どちらのファンも困惑するようなゲームとなりました。

第6戦はウォリアーズのホームコートでおこなわれます。

コメント