NBA2018プレイオフハイライト

ウォリアーズ、ホームでブルズに敗れ7敗目

NBA2014-15を最も好調に駆け抜けるゴールデンステイトウォリアーズですが、1月28日におこなわれたゲームで、シカゴブルズに敗れ今季7敗目となりました。

このゲームを終え、36勝7敗と大きく勝ち越しているウォリアーズですが、ここまで勝ち星が先行すると1つの負けゲームでもとても気になるのは事実です。

しかもホームでの負けはホントに久しぶりで、オーバータイムまでもつれこんだ接戦でしたが、ブルズの底強さも再認識させられるゲームでした。

 

 

ワールドカップで共に金メダルを獲得したデリックローズとステファンカリーのマッチアップはガードプレイヤーにとってはたまらないものとなりました。

どちらも素晴らしいパフォーマンスを見せていますが、ゲームを決めるシュートを決めたデリックローズに今回は軍配が上がったといったところでしょうか?!

デリックローズが30得点1アシスト、ステファンカリーが21得点9アシスト・・・スタッツだけではなんとも言えませんね・・・

チームの勝利がなによりですので、最終的には個人スタッツもチームの勝敗に結びついていると見て問題ないでしょう。

両チーム共に6人が2ケタ得点を挙げる総力戦で、本当に見応えのあるゲームでした。

ウォリアーズでは、好調のクレイトンプソンも30得点10リバウンドと活躍を見せていて、最後のシュートだけ悔いが残るような感じです。

 

 

プレーオフじゃなくてよかったなとポジティブに見たいところですが、今シーズンのウォリアーズの勢いは本物なので、このゲームで流れが変わるようなことはおそらくないでしょう。

今シーズンのブルズの強さを実感できたNBAファンにとってはいいゲームとなったのではないでしょうか?!

半月後にはオールスターとなりますが、上位チームと下位チームにそろそろ差が開き始めたので、プレーオフの展望でも勝手に楽しみたいところです。

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

[btn_l color=”green” corner=”r” url=”http://sneakerlove.biz/archives/category/%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba”]NBA選手モデルの人気バッシュはこちら。[/btn_l]

 




2014-15シーズン
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント