ピストンズがネッツに勝利し連敗を4で止める KD不在のネッツは3連敗

 

4連敗でイースト最下位まで順位を落としたデトロイドピストンズ。

2月10日におこなわれたネッツ戦では、122-111で勝利し連敗を4で止めています。

KD不在のネッツは、3連敗となりました。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
BKN 26 28 32 25 111
DET 38 25 31 28 122

 

 

ピストンズでは、ジェレミーグラントが32得点を挙げスコアリーダーとなっています。

デロンライトが22得点、メイソンプラムリーが14得点12リバウンドで続いています。

敗れたネッツでは、カイリ―アービングが27得点でスコアリーダーとなっています。

ジェームズハーデンが24得点12アシストで続いています。

ハーデンとデアンドレが言い合うようなシーンも見られましたが、改善されていくことを願いましょう。