ウィザーズがブルズに競り勝ち連敗ストップ ビール35得点、八村選手ダブルダブル

 

勝率が上がらず苦しいシーズン序盤となっている、ワシントンウィザーズ。

2月9日におこなわれたブルズ戦では、105-101で競り勝ち連敗を止めています。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
WAS 24 34 25 22 105
CHI 27 21 30 23 101

 

 

ウィザーズでは、ブラッドリービールが35得点を挙げスコアリーダーとなっています。

スリーポイントは不調でしたが、フリースローを14/15で沈めました。

八村塁選手が19得点で続き、10リバウンドをも記録しています。

ウェストブルックはこのゲーム欠場しています。

敗れたブルズでは、ザックラビーンが35得点を挙げスコアリーダーとなっています。

ラストプレイを決めきれなかったのは悔やまれます。

 

 

サディアスヤングが14得点で続いています。