レイカーズがピストンズに15点差で敗れ連敗で3位下落

 

先日シクサーズとの首位対決に敗れたロサンゼルスレイカーズ。

1月29日におこなわれたピストンズ戦にも107-92で敗れ連敗で3位まで順位を落としています。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
LAL 31 27 20 14 92
DET 34 22 26 25 107

 

 

ピストンズでは、ブレイクグリフィンが23得点を挙げスコアリーダーとなっています。

スリーポイントも5/10で沈め久しぶりにらしい姿を見せていました。

ウェインエリントンが20得点、メイソンプラムリーが17得点10リバウンドで続いています。

敗れたレイカーズでは、レブロンジェームズが22得点10アシストでチームを牽引しました。

カイルクーズマも22得点10リバウンドを記録しています。

アンソニーデイビスはこのゲーム欠場しています。

コメント