サンダー、キングスに勝利し7連勝! NBA2014-15

この記事は約3分で読めます。

NBA2014-15シーズン

 

寒い日が続き、寒波の影響で日本中が雪に見舞われていますが、アメリカでも寒い地方はもっとたいへんなことになっている中、そんな寒さとは裏腹に熱い戦いが連夜おこなわれています。

アメリカのプロバスケットボールリーグ、NBAから今回はオクラホマシティーサンダーvsサクラメントキングスの12/17におこなわれたゲームのハイライトを。

オクラホマシティサンダー

両エース、ケビンデュラント・ラッセルウェストブルックが怪我から復帰したサンダーは、一時最下位にまで落とした順位をどんどん上げていて、キングス戦を前に6連勝と間違いなくシーズンが始まってチームとして一番いい状態と言えます。

デュラントのプレイタイムが短かったり、ウェストブルックのサポーターが取れていなかったりとまだベストとは言えませんが、それでもここ数年、強豪揃いのウェスタンカンファレンスを引っ張ってきたチームなのでその力はやはり侮れません。

このゲームでもアウェイながら、第1クォーターで34-20と14点のリードを奪いゲームを優位に進めます。

第2クォーターでキングスがホームの意地を見せ迫りますが、第3・4クォーター共にサンダーがリードし結果的に104-92と最初の点差が響きサンダーの快勝となりました。

このゲームでもやはりサンダーの両エースの活躍が目立ち、2人で58得点とサンダーらしいゲーム展開を見せています。

ラッセルウェストブルック

スコアリーダーはウェストブルックで、32得点7アシスト6リバウンドと相変わらず爆発的な数字を残しています。

ドライブに加えてミドルシュートと3ポイント。

乗っているときはホントに手のつけようがないイメージです。

ファールされてしまいましたが、ファーストブレイクで、ドリブルからジャンプシュートのフェイクをしてリング下に入っていくシーンなんかはディフェンスとしてはなんともいいようが無いプレイでした。

また、ディフェンスでも4スティールと、そのままダンクをかますシーンも見られました。

リスクは大きいですが、流れもガラッと変えられるプレイなのでプレイオフの終盤なんかに出れば面白そうです。

ケビンデュラント

一方のデュラントも26得点の活躍を見せていますが、デュラントのほうは本調子には少し遠い感じです。

動画を見れば充分凄いですが、正直もっと凄かったよな?!というのが本音ではないでしょうか?

復帰からまだ数ゲームなので、昨シーズンMVPと得点王の両方を獲得しているNBAを代表するスコアラーの本領が早く見たいところです。

サージイバカもこのゲームで、7ブロックと素晴らしい活躍を見せています。

各々がそれらしい仕事をし始めたサンダーは、やはり今年も本命へと上がってくることは間違い無さそうです。

グリズリーズやウォリアーズなど上位チームとの対戦が楽しみなところではありますが、次ゲームは、19日にそのウォリアーズとの対戦となっているので目が離せません。

コメント