11/6 NBA2018-19 ロケッツ 好調ペイサーズをアウェイで撃破

NBA2018-19レギュラーシーズン

 

クリスポールの出場停止からジェームスハーデンのケガによる離脱と序盤から信じられない程黒星を重ねたロケッツ。

第9戦はアウェイでペイサーズと対戦しています。

スポンサーリンク

ロケッツ vs ペイサーズ

1Q 2Q 3Q 4Q
HOU 29 24 16 29 98
IND 22 33 20 19 94

最後の最後までもつれるゲームとなりました。

残り数分であれだけビッグシュートが飛び交うのもNBAならではでしょう。

第2・3クォーターでおされながらも第4クォーターで逆転したロケッツが結果的に98-94で勝利しています。

 

Houston Rockets vs Indiana Pacers Full Game Highlights | 11.05.2018, NBA Season

 

個人スタッツ

ロケッツ

ロケッツではジェームスハーデンが28得点でスコアリーダーとなっています。

最後のスリーポイントとフリースローは流石という他ないでしょう。

 

James Harden Full Highlights 2018.11.05 Rockets vs Pacers – 28 Pts, 6 Asts, CLUTCH! | FreeDawkins

 

クリントンカペラが18得点と続き、確率は8割とやはりメンバーが揃うといつもの得点パターンになってきます。

クリスポールはスリーポイント0/6の9得点にとどまっていますが13アシストとその辺りの切り替えは相変わらずです。

ポストプレーも見られましたが余程タッチが悪かったのでしょうか?!

ペイサーズ

ペイサーズではオラディポが28得点でチームを引っ張りました。

スリーポイントは4/11と好調とは言えませんでしたが最後はしっかりと決めてきたのも印象的です。

 

Victor Oladipo Full Highlights 2018.11.05 Rockets vs Pacers – 28 Pts, 6 Rebs! | FreeDawkins

 

ドマンタスサボニスが18得点と続き、高確率のインサイドシュートでチームを支えました。

最後に

好調ペイサーズとの接戦をアウェイで制したロケッツ。

そろそろ強いロケッツが戻ってきそうな雰囲気ですが、まだ昨年のいい時とは程遠いでしょう。

カーメロはメンバーが帰ってくると調子が悪くなるのも気になります。

昨シーズンのような爆発的なスコアが見られることを願って。

2018-19シーズン
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする
注目記事



Basketball Dream

コメント