NBA2018プレイオフハイライト

NBA2018プレイオフWCFロケッツvsウォリアーズGame7

NBA2018プレイオフ ウェスタンカンファレンスファイナル ロケッツ-ウォリアーズ

 

イースト同様に最終戦までもつれこんだウェスタンカンファレンスファイナル。

事実上のファイナルとの呼び声も高い頂上決戦です。

最終戦もGame5で負傷したクリスポールは欠場しています。




ゲーム展開

ウォリアーズは、開始数分でクレイトンプソンがファール3回とトラブルに見舞われました。

トンプソンはベンチに下がり、前半はロケッツが54-43と11点リードします。

しかし、Game6同様に後半に入ると一気にウォリアーズペースとなり、第3クォーターで一気に逆転します。

そのままロケッツが追い上げを見せることはなく結果的に101-92でウォリアーズが勝利し4年連続となるファイナル進出を決めました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=nA3vdCQiCMY

 

ロケッツは自慢のスリーポイントが7/44の15.9%にとどまりました。

クリスポールのゲームメイクがそれだけ大きいということでしょうか?!

逆にウォリアーズは、16/39の41%でスリーポイントを沈めています。



個人スタッツ

勝利したウォリアーズでは、ケビンデュラントが34得点を挙げスコアリーダーとなっています。

FG確率も5割を超え、Game4.5のようにロケッツはプレッシャーをかけることは出来ませんでした。

 

https://www.youtube.com/watch?v=0rCIf0l8zmo

 

ステファンカリーが27得点9リバウンド10アシストと続き、連覇へ向け準備は万端のようです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=GrwQoJrbgBo

 

序盤ファールトラブルに見舞わられたクレイトンプソンも19得点を挙げています。

前半プレータイムの短かったトンプソンは後半の動きも一人だけ驚くほど軽快でした。

 

https://www.youtube.com/watch?v=rE1oWFWJuro

 

敗れたロケッツでは、ジェームスハーデンが32得点を挙げています。

スリーポイントは2/13とよくありませんでしたが、相変わらずの1on1でオフェンスを組み立てました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=M3R6VyObqkw

 

エリックゴードンが23得点、クリントンカペラが20得点と続いています。

トレバーアリーザ―は41:50の出場でFG0/12の0点にとどまっています。



ファンの声

DR
DR

スリー入らないロケッツは悲しい

SO
SO

カリーとKD、トンプソン最強

RA
RA

クリポのケガが全てってこと?!イグダラもケガしてるしお互いベストではなかった

CW
CW

結局4年連続ファイナル同じカードかい

GH
GH

ウォリアーズもKDとカリー、グリーンは44分も出てたんだ

MJ
MJ

この強さだとファイナルスイープまであるかも

 

2018ファイナル

2018ファイナルのカードはキャブスvsウォリアーズに決まりました。

今年はどちらかの王朝は崩れるという声も多かったですが、4年連続のファイナル同カードとなります。

下馬評は圧倒的にウォリアーズの方が高そうですが、鬼神ともいえるレブロンジェームズがどのように対抗してくるのか楽しみでなりません。

 

 




2018プレイオフ・ファイナル
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント