バスケ日本代表アカツキファイブ 国際試合ニュージーランド戦まとめ

日本

 

ワールドカップを間近に控え、代表チームの動きにも注目が集まる、バスケットボール日本代表アカツキファイブ。

本戦の前に、国際試合としてワールドカップ出場を決めている強豪国と対戦が予定されています。

その皮切りとして、8/12と14にニュージーランドと対戦しました。

 

8/12 Game1

 

1Q 2Q 3Q 4Q
NZD 16 27 25 21 89
JPN 27 22 30 20 99

 

序盤からいいかたちで得点を重ねた日本代表。

ゲームを通し、FG確率は55.4%、3PT確率も4割を超えしっかりと勝利をものにしています。

ドラフトでNBA入りした八村選手は35得点を挙げその期待に応え、様々なメディアやチームがその活躍をSNSなどを通じ称賛しました。

 

 

8/15時点の世界ランキングでは、ニュージーランドが38位、日本が48位となっていて、渡辺雄太選手を欠きながらも勝利したことは親善試合と言えど日本ファンにはたまらないものでした。

 

8/14 Game2

 

1Q 2Q 3Q 4Q
NZD 29 32 23 20 104
JPN 25 17 28 17 87

 

ウォームアップゲームと名付けられた練習試合の位置づけのようですが、日本代表はGame1と異なり様々な選手を起用し、本番に向けて色々と試すゲームとなりました。

渡邊雄太選手も怪我から復帰し、プレータイムは短かったものの出場しています。

12名の選考を悩ませる活躍を見せたのは、安藤選手とシェーファー選手でしょうか。

こんなに層の厚い日本代表というのも本当に夢のようです。

それでも、Game1では6/35(17.1%)に抑えたスリーポイントを13/37(35.1%)で沈められ、ピックアンドロールへの対応や、マンマークで守れない場合のインサイドへのディフェンスの対応など、強豪国がより強い部分へのディフェンスが課題になったかもしれません。

 

今後の日程

日付 対戦国 世界ランク
8/22 アルゼンチン 5位
8/24 ドイツ 22位
8/25 チュニジア 51位
8/31 本戦開幕

 

強豪国との対戦が楽しみでなりませんが、怪我だけはないように祈りながら素晴らしいプレーに期待しましょう。

 


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

男子
OverTime

コメント