レブロンジェームズが50得点の活躍でウィザーズに勝利し連敗ストップ

 

先日、シーズンハイとなる56得点を挙げたレブロンジェームズ。

3月12日におこなわれたウィザーズ戦でも、50得点の活躍でチームを勝利に導きました。

スリーポイント6/9を含むFG確率は72%を記録し、フリースローも8/8で沈めました。

元チームメイトのカイルクーズマがマッチアップの大半だったのも、大きかったでしょうか。

レイカーズは連敗中でしたが、後半逆転し122-109で勝利しています。

 

 

ウィザーズでは、カイルクーズマが23得点でスコアリーダーとなっています。

コーリーキスパートが21得点で続き、八村塁選手もスリーポイントを2/3で沈め15得点を挙げました。

 

 

コメント