レジージャクソンの劇的ゲームウィナーでレイカーズとのLA対決制す

 

主要メンバーの欠場も多く、思ったように順位が上がらないレイカーズとクリッパーズ。

2月4日におこなわれた両チームの対戦は、終盤激しい点の取り合いをクリッパーズが制しました。

約1分の中に何度得点シーンがあるのかと思えるほど、スリリングな展開でした。

 

 

クリッパーズでは、マーカスモリスが29得点でスコアリーダーとなっていて、スリーポイントを6/7で沈めました。

ゲームウィナーを決めたレジ―ジャクソンが25得点、サージイバカが20得点で続いています。

 

 

敗れたレイカーズでは、アンソニーデイビスが30得点でチームを引っ張りました。

マリークモンクが21得点、ラッセルウェストブルックが17得点で続いています。

 

 

 

コメント