ウィザーズがシクサーズに競り勝ち連敗ストップ

 

負け星が続いていたワシントンウィザーズ。

2月3日におこなわれたシクサーズとの接戦を制し、連敗を止めています。

 

 

 

ウィザーズでは、カイルクーズマが24得点でスコアリーダーとなっています。

スペンシーディンウッドとモントレズハレルが14得点で続き、ディンウッドはキャリア初のトリプルダブルを記録しました。

八村塁選手は、ベンチから11得点を挙げています。

 

 

シクサーズでは、ジョエルエンビードが27得点でスコアリーダーとなっています。

タイリースマクシーが22得点、トバイアスハリスが18得点で続いています。

コメント