ハーデン、カイリー不在もKDが27分で31得点を挙げウルブズに快勝

 

先日レイカーズに惨敗したブルックリンネッツ。

4月14日におこなわれたウルブズ戦では、ジェームズハーデンとカイリ―アービングが欠場しましたが、ケビンデュラントの活躍もあり127-97で快勝しています。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
BKN 33 40 31 23 127
MIN 25 27 22 23 97

 

 

ネッツでは、ケビンデュラントが27分のプレイタイムで31得点を挙げスコアリーダーとなっています。

スリーポイント4/6を含むFG確率は73.3%を記録し、+/-でもチーム最多となる+32でした。

 

 

ジョーハリスが23得点で続き、スリーポイントを5/8で沈めています。

ランドリーシャメットもスリーポイントを5/9で沈め19得点挙げました。

敗れたウルブズでは、アンソニーエドワーズが27得点でスコアリーダーとなっています。

それでもスリーポイント2/11を含むFG確率は36.4%とKDと大きく差がつきました。

ディアンジェロラッセルが15得点で続きますが、カールアンソニータウンズはこのゲーム欠場しています。