ジャズがレイカーズとの上位対決に快勝 レイカーズは4連敗

 

ウェスト上位対決となった、ジャズvsレイカーズ。

中盤にジャズが一気に抜け出し、レイカーズは第4クォーター早々にあきらめ、結果的に114-89でジャズが快勝しまた連勝スタートです。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
LAL 23 24 17 25 89
UTA 24 39 27 24 114

 

 

ジャズは、20点以上挙げた選手はいませんでしたが、6人の選手が2ケタ得点を挙げています。

チーム全体でスリーポイントを22/48(45.8%)で沈め、今シーズンのベースとなる戦い方でした。

 

 

敗れたレイカーズは89点しか挙げることが出来ず、スリーポイントは対照的に8/33(24.2%)にとどまりました。

 

 

ディフェンスや、リバウンドなど基本的な部分が散漫な時間帯もあり、4連敗となっています。

アンソニーデイビスとデニスシュールダーの復帰が待たれますが、デイビスはまだ1カ月近くかかると言われているのでオールスターウィークエンドがあるのが救いでしょうか。