セルティックスがラプターズに勝利し連敗止める 渡邊雄太選手は足首のケガで欠場

 

サンズとジャズに連敗していたボストンセルティックス。

2月12日におこなわれたラプターズ戦に、120-106で勝利し連敗を止め13勝11敗でイースト4位につけています。

 

1Q2Q3Q4QT
TOR29272426106
BOS34322232120

 

 

セルティックスでは、シェミオジェレイがスリーポイントを6/8で沈め、24得点でスコアリーダーとなっています。

ケンバウォーカーもスリーポイントを5/8で沈め21得点、ペイトンプリチャードは6/8で20得点を挙げました。

 

 

ジェイソンテイタムとジェイレンブラウンが、不調での連敗ストップとなりました。

タコフォールも2分出場で4得点挙げています。

 

 

敗れたラプターズでは、カイルラウリーが24得点を挙げスコアリーダーとなっています。

パスカルシアカムが23得点、ノーマンパウエルが15得点で続いています。

渡邊雄太選手は、次ゲームから復帰予定のようです。

セルティックスがスリーポイント20/39の51.3%だったのに対し、ラプターズは9/28(32.1%)と勝敗に直結する確率となりました。