イースト上位ブルズとウィザーズが激突 PG対決も見物 NBA2014-15

NBA2014-15シーズン

 

オールスターファン投票の中間発表もあったようですが、NBA2014-15シリーズも中盤へと差し掛かっています。

ついこないだ始まったような気もしますが、気付けば半分ほどゲームを消化していて、そろそろプレイオフも意識し始める頃です。

シーズン前にレブロンのキャブスへの移籍が話題となったイースタンカンファレンスですが、開幕から好調を維持するシカゴブルズとワシントンウィザーズの一戦が1/10にありました。

ホームのウィザーズが、第1クォーターから30-13と大きくリードを広げ、ブルズも中盤追い上げを見せますが、最初に開いた点差が大きすぎるのもあり結果的に102-86でウィザーズが勝利しています。

このゲームで注目が集まったのは、やはりポイントガードのマッチアップで、怪我から復帰したデリックローズとスーパースターへと近付きつつあるジョンウォールの対決は見物でした。

スタッツ的には、デリックローズが19得点2アシスト、ジョンウォールが16得点12アシストとなっています。

2人とも30分以上出場しているので、チームも勝利したジョンウォールのほうが良いスタッツと言えます。

ガードの方なら身体を使った難しいシュートをいとも簡単にやってのける姿に驚いたのではないでしょうか?!

出来るできないは別としても、あのあたりはとても参考になるシーンだとおもいます。

しかし、お互いに意識しすぎたのかシュート確率はよくなく、ローズが33.3%、ジョンウォールが40%としています。

終盤は特にウィザーズのディフェンスのよさが目立ちましたし、そんな中でもローズには以前のようにドライブで切り裂いてほしいところではあります。

ウェスタンカンファレンスにも各チーム勝率が徐々に追いついてきているので、均衡した勝率となるよう上位チームには期待しています。