FIBA2017バスケワールドカップ U-19日本代表まとめ

日本

 

カイロで開催されているFIBA2017ワールドカップ。

U-19のため19歳以下の選手の大会になりますが、日本代表も出場しています。

予選リーグを突破し、決勝リーグへと駒を進めた日本でしたが、ベスト8をかけた決勝トーナメント初戦でイタリアに敗れ9-16位決定戦のゲームを残しています。

予選リーグのゲームから、決勝リーグ初戦までハイライト動画やスコア、スタッツを見ていきましょう。

代表選手

 

選手名ポジション所属校
三上 侑希中央大学
増田 啓介筑波大学
S アヴィ幸樹Bアカデミー
水野 幹太法政大学
八村 塁ゴンザガ大学
榎本 新作ピマ・コミュニティC
津屋 一球東海大学
重冨 周希専修大学
杉本 天昇日本大学
鍵冨 太雅セント・トーマスS
西田 優大東海大学
中田 嵩基福岡大学附属大濠高校

 

予選リーグ vsスペイン

予選リーグ初戦の相手は、NBA選手も多く輩出している世界の強豪スペインでした。

序盤から競ったゲームとなりますが、自力で勝るスペインがじわりじわりと点差を広げ、結果的に79-67でスペインが勝利しています。

 

 

 

 

日本スペイン
1Q1615
2Q1720
3Q1721
4Q1722
6778

 

個人スタッツリーダー

得点八村 塁20
リバウンド八村 塁10
アシスト重冨 周希6

 

 

予選リーグ vsマリ

予選リーグ2戦目は、マリと対戦しました。

スペイン戦同様に序盤から接戦となったゲームは、最後まで点差が離れることはなく結果的に76-73で日本が競り勝っています。

 

 

 

 

日本マリ
1Q1216
2Q1916
3Q2521
4Q2020
7673

 

個人スタッツリーダー

得点増田 啓介16
リバウンド八村 塁12
アシスト三上 侑希6

 

予選リーグ vsカナダ

予選第3戦は、NBAチームも国内にあるカナダとの対戦となりました。

第1クォーターこそ21-20で日本がリードしますが、第2・3クォーターで一気にはなされ結果的に100-75でカナダが勝利しています。

 

 

 

 

日本カナダ
1Q2120
2Q1127
3Q1930
4Q2423
75100

 

個人スタッツリーダー

得点八村 塁21
リバウンド八村 塁11
アシスト西田 優大3

 

予選リーグで1勝2敗の4ポイントとした日本は決勝トーナメントへと駒を進めます。

予選リーグでの八村選手のプレイは大会の中でも注目を浴びており、特集動画が組まれるほどでした。

 

八村塁選手グループリーグmixtape

 

決勝リーグ初戦の相手は、アメリカのいるグループDで2位につけたイタリアです。

ベスト16 vsイタリア

強豪国との対戦となった決勝トーナメント初戦。

ゲームは流れが何度も変わる展開で、どちらが勝利してもおかしくない状況でしたが、終盤に踏ん張ったイタリアが57-55の2点差で勝利しています。

 

ハイライト

 

 

日本イタリア
1Q1315
2Q166
3Q919
4Q1717
5557

 

個人スタッツリーダー

得点八村 塁22
リバウンド八村 塁14
アシスト重冨 周希3

 

トーナメントで敗れたため、日本代表はベスト8入りを逃し、9-16位決定戦へと進みます。

9-16位順位決定戦 vs韓国

各クォーターごとの数字を見るとよく分かりますが、目まぐるしい攻防戦となりました。

最終的に第4クォーターで一気に逆転した日本が77-64で勝利しています。

 

日本韓国
1Q2511
2Q1021
3Q1226
4Q306
7064

 

個人スタッツリーダー

得点八村 塁21
リバウンド八村 塁10
アシストS アヴィ幸樹5

 

ハイライト

 

 

八村塁選手ハイライト-韓国戦

 

勝利した日本は、9-12位順位決定戦へと進みます。

 

9-12位順位決定戦 vsエジプト

9-12位順位決定戦では、開催国のエジプトとの対戦となりました。

エジプト戦もシーソーゲームのようにどちらも譲らず、試合はオーバータイムへともつれ込みます。

オーバータイムで踏ん張った日本が結果的に76-73で勝利しています。

 

 

 

 

日本エジプト
1Q1217
2Q1616
3Q1911
4Q1720
 OT1129
7673

 

個人スタッツリーダー

得点八村 塁18
リバウンド八村 塁10
アシスト重冨 周希5

 

勝利した日本は、最終戦となる9-10位決定戦へと進みます。

9-10位順位決定戦 vsプエルトリコ

最終戦となったプエルトリコ戦でも序盤から激しい接戦となりました。

大きく点差の離れることのないゲームでしたが、3Qでリードしたプエルトリコに最後まで追いつくことが出来ず、結果的に68-67の1点差で日本が敗れています。

 

 

 

 

日本プエルトリコ
1Q1717
2Q1612
3Q1622
4Q1817
6768

 

個人スタッツリーダー

得点八村 塁27
リバウンド八村 塁11
アシスト杉本 天昇4

 

最後に

結果的に日本代表は10位で大会を終えました。

U19とはいえ、日本の男子バスケが世界の10位になったのはやはりすごいことです。

チームとしての結果なのは間違いありませんが、八村選手の存在が大きかったことを否定する方は少ないでしょう。

大会全体で見ても、7試合の平均20.6得点は2位、11.0リバウンドは3位という素晴らしいスタッツを残しています。

これから日本を背負っていく選手たちばかりですが、今後の更なる活躍に期待しましょう。

大会最終結果

1カナダ
2イタリア
3アメリカ
4スペイン