FIBA女子アジアカップ2019 日本代表が4連覇

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

日本

 

数多くの世界大会がおこなわれ、やや見る側も追いついていけませんがFIBAアジアカップ2019女子の決勝戦が9/29におこなわれました。

世界ランク10位の日本は、世界ランク7位の中国と対戦しています。

スポンサーリンク

日本vs中国

 

1Q 2Q 3Q 4Q
JPM 17 17 20 17 71
CHN 19 16 16 17 68

 

前半リードを奪ったのは中国で、一時は10点までその差を広げました。

しかし、日本も前半の間にしっかりと点差を詰め、第3クォーターで逆転します。

第4クォーターは、中国の時間帯と思えるシーンもありましたがなんとか日本が逃げ切り結果的に71-68でアジアカップ初となる4連覇を果たしています。

 

Japan v China | Final – Highlights | FIBA Women's Asia Cup 2019

 

 

スポンサーリンク

個人スタッツ

活躍を続ける本橋選手が24得点でスコアリーダーとなっています。

オーストラリア戦でも22得点を挙げた本橋選手。

その活躍はFIBAも認めるところです。

 

Nako Motohashi drops 22 points in 27 minutes | FIBA Women's Asia Cup 2019

 

高田選手が14得点で続き、2ケタ得点は2人のみでした。

 

スポンサーリンク

最後に

大会記録となる4連覇を成し遂げた日本女子代表。

中国の高さに苦しみ、8本のブロックを浴びました。

終盤には中国のスリーポイントで3点差になると、ファールゲームとなり渡嘉敷選手が2本のフリースローを外し中国のラストオフェンスは10秒ほどありました。

決まってもおかしくない、1on1からの中国のスリーポイントでしたが、外れ勝利というやや心臓に悪いゲームでした。

フリースローを1本決めれば勝利がほぼ確実という状況で、4連覇の内2度MVPを獲得してる渡嘉敷選手が2本フリースローを外すというのもバスケットの奥深さでしょうか。

最近はフリースローが明暗を分ける試合を多く見るので、現役選手の方は練習のウェイトをやや増やすことをお勧めします。

とにもかくにも史上初となる大会4連覇を成し遂げた日本女子代表。

アルバルク東京のクラブチームチャンピオンと共に、明るいニュースが続き日本のバスケットファンとしては嬉しいかぎりです。

日本男子も世界ランクを38位と大きく上げましたが、女子も10位から1ケタが現実的になってきました。

 

コメント