11/22 NBA2018-19 ウォリアーズがサンダーにホームで大敗

NBA2018-19レギュラーシーズン

 

カリーとグリーンを欠く王者ウォリアーズ。

負け星が重なり首位陥落となりましたが、11/22はホームでサンダーと対戦しています。

スポンサーリンク

ウォリアーズ vs サンダー

1Q 2Q 3Q 4Q
GSW 18 28 33 16 95
OKC 23 37 27 36 123

前半で14点差をつけられたウォリアーズは、第3クォーターでその差を1桁にまで戻しますが第4クォーターで点差は大きく広がり結果的に123-95の28点差でサンダーが勝利しています。

 

Golden State Warriors vs Oklahoma City Thunder Full Game Highlights | 11.21.2018, NBA Season

 

点差が離れてからは毎度のごとくデュラントやトンプソンはベンチに下がりましたが、それにしてもウォリアーズがホームで28点差で負けるというのは慣れないものです。

ウォリアーズは4連敗で5位に転落し、サンダーは5試合で4勝と好調で4位に浮上しています。

個人スタッツ

サンダー

サンダーではデニスシュールダーが32得点でスコアリーダーとなっています。

スリーポイント5/6を含むFG確率は63.2%と高い数字を残しています。

 

Dennis Schroder Full Highlights 2018.11.21 Thunder vs Warriors – 32 Pts, 4 Asts! | FreeDawkins

 

ポールジョージが25得点と続いていますが、スリーポイントだけでなく気迫の伝わるダンクやレイアップも魅力的でした。

 

Paul George vs Kevin Durant Full Duel 2018.11.21 – PG With 25, KD With 27! | FreeDawkins

 

ウェストブルックはシュートが不調だったからかアシスト13と出す側に回っていました。

11得点11リバウンドも記録しトリプルダブルとなっています。

 

Russell Westbrook Triple-Double 2018.11.21 Thunder vs Warriors – 11-13-11! | FreeDawkins

 

ウォリアーズ

ウォリアーズではデュラントとトンプソンが27得点を挙げこのゲームでもチームを引っ張りました。

FG確率もデュラント50%、トンプソン45.5%過去3戦に比べるとやや上がってきています。

 

Klay Thompson Full Highlights 2018.11.21 Thunder vs Warriors – 27 Pts! | FreeDawkins

 

その他に2ケタ得点を挙げたのはデイミオンリー1人のみで、チーム全体のスリーポイントも7/29(24.1%)と相変わらずウォリアーズらしからぬ数字となっています。

最後に

ウォリアーズの状態はカリーとグリーンが帰ってくるまで続きそうです。

サンダーはウェストブルック以外の選手で確率よく点が取れるゲームはやはり強いです。

このまま順位を上げていってほしいと願うファンも多いでしょう。

コメント