【NBA】プレシーズンマッチ 新生キャブスがいよいよ登場!

NBAプレシーズンマッチ10/5 キャブスVSホークス

 

シーズンオフに様々なトレードがありましたが、やはり大注目はクリーブランドキャバリアーズでしょう。

カイリ―アービングを放出し、アイザイアトーマス・デリックローズ・ドウェインウェイドを獲得したというのはパワーバランスを大きく変える出来事でした。

そんなキャブスのプレシーズンマッチ初戦が10/5におこなわれています。

アイザイアは怪我のため出場していませんが、ローズとウェイドはデビューゲームとなりました。

レブロンジェームズは出場しておらず、ゲームは93-109でアトランタホークスに敗れています。

デリックローズ

ニックスから加入したデリックローズは、キャブスに居心地の良さを感じていると伝えられていて、故障前と同様とはいかないまでも闘争心あふれるプレイを今シーズンは見られそうです。

約15分の出場で7得点3アシストとしています。

 

 

ドウェインウェイド

ウェイドとレブロンのコンビは世界中が楽しみにしていますが、残念ながら今日のゲームでは見ることが出来ませんでした。

ウェイドも約15分の出場で7得点4アシストとしています。

 

 

ケビンラブ

プレイオフになるとやや波のあるケビンラブですが、今シーズンはどうでしょうか?!

このゲームでは、スリーポイントを中心に得点を重ね約15分の出場で12得点としています。

 

 

このゲームでキャブスのハイスコアを記録したのはケイフェルダーで、NBA入団2年目の若い選手です。

これだけのメンバーを揃えながら若手も力を発揮してきたらキャブスも恐ろしいチームになりそうです。

JRスミスやシャンパード、トンプソン、コーバーなども昨シーズン同様のプレイを見せてくれると思うので、メンバーを選ぶ方も大変そうです。

ジェファーソンや再加入となったパーキンスなどのベテラン陣もいい味を出してくれるでしょう。

キャブスのプレシーズンマッチ第2戦は10/7にインディアナペイサーズとおこなわれます。


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

NBA2017-18シーズンオフ
OverTime

コメント