NBA2018プレイオフハイライト

【NBA】プレシーズンマッチ 新生キャブスがいよいよ登場!

NBAプレシーズンマッチ10/5 キャブスVSホークス

 

シーズンオフに様々なトレードがありましたが、やはり大注目はクリーブランドキャバリアーズでしょう。

カイリ―アービングを放出し、アイザイアトーマス・デリックローズ・ドウェインウェイドを獲得したというのはパワーバランスを大きく変える出来事でした。

そんなキャブスのプレシーズンマッチ初戦が10/5におこなわれています。

アイザイアは怪我のため出場していませんが、ローズとウェイドはデビューゲームとなりました。

レブロンジェームズは出場しておらず、ゲームは93-109でアトランタホークスに敗れています。

Sponsored Link





デリックローズ

ニックスから加入したデリックローズは、キャブスに居心地の良さを感じていると伝えられていて、故障前と同様とはいかないまでも闘争心あふれるプレーを今シーズンは見られそうです。

約15分の出場で7得点3アシストとしています。

 

 

ドウェインウェイド

ウェイドとレブロンのコンビは世界中が楽しみにしていますが、残念ながら今日のゲームでは見ることが出来ませんでした。

ウェイドも約15分の出場で7得点4アシストとしています。

 

 

ケビンラブ

プレーオフになるとやや波のあるケビンラブですが、今シーズンはどうでしょうか?!

このゲームでは、スリーポイントを中心に得点を重ね約15分の出場で12得点としています。

 

 

Sponsored Link


このゲームでキャブスのハイスコアを記録したのはケイフェルダーで、NBA入団2年目の若い選手です。

これだけのメンバーを揃えながら若手も力を発揮してきたらキャブスも恐ろしいチームになりそうです。

JRスミスやシャンパード、トンプソン、コーバーなども昨シーズン同様のプレーを見せてくれると思うので、メンバーを選ぶ方も大変そうです。

ジェファーソンや再加入となったパーキンスなどのベテラン陣もいい味を出してくれるでしょう。

キャブスのプレシーズンマッチ第2戦は10/7にインディアナペイサーズとおこなわれます。




2017-18シーズンオフ
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント