NBA2018プレイオフハイライト

【NBA】プレシーズンマッチ カイリ―アービングがセルティックスデビュー

NBAプレシーズンマッチ2017-18 10/3

 

キャブスとセルティックスによる衝撃の移籍騒動からそれほど日も経っていませんが、NBAプレシーズンマッチではセルティックスが初ゲームを迎え、カイリ―アービングのセルティックスデビューとなりました。

その他にも海外のチームとの対戦も含めると10/3には7ゲームがおこなわれています。

各ゲームの結果は以下の通りです。

GUA 96 126 WAS
CHA 82 94 BOS
ORL 84 92 MEM
MIL 104 106 DAL
SYD 83 108 UTA
SAS 100 106 SAC
DEN 113 107 LAL

 

Sponsored Link





BOSvsCHA

アービングがどのようなプレーをするのか世界中が注目したゲームでしたが、アービングは前半のみの出場となりチームプレーを意識していた印象が強いです。

 

 

9得点3アシストとしていますが、まだまだ本番の姿とは程遠いでしょう。

珍しいスラムダンクも飛び出し、キャブスとは違ったアービングがセルティックスでは見られそうです。

ゴードンヘイワードも目立った活躍は見られず、既存メンバーと共に素晴らしいプレーを早く見たいところです。

ゲームは94-82でセルティックスが勝利しています。

Sponsored Link


LALvsDEN

共に2戦目となるカードですが、レイカーズのロンゾポールが敗れはしたもののファンを沸かせていました。

 

 

 

最後に

先日の記事で、ロンドの加入した新生キングスと書いてしまいましたが、ペリカンズとの間違いです。

訂正してお詫び申し上げます。

そんなキングスと対戦したスパーズは、ジノビリなど変わらぬスパーズメンバーを見ることが出来ました。

シモンズは移籍してしまいましたが、マジックでド派手なダンクをぶち込んでいました。

 

明日10/4は5ゲームが予定されています。

  • BKN vs NYK
  • CHI vs NOP
  • HOU vs OKC
  • PHX vs POR
  • TOR vs LAC

注目はやはりヒューストンロケッツとサンダーの戦いでしょうか。

ともに大きな補強をしたためどのようなゲームになるのか楽しみです。




2017-18シーズンオフ
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント