NBA2018プレイオフハイライト

【NBA】プレシーズンマッチ新天地で躍動するウェイドとローズ

NBA2017-18プレシーズンマッチ

 

NBA2017-18開幕をひかえ、プレシーズンマッチが開催されていますが、様々なチームに注目が集まっています。

その中でもシーズンオフに大きくメンバーの変わったキャブスでは新加入したウェイドとローズがプレシーズンながら大きな期待を寄せるプレーを見せています。

キャブスのプレシーズンマッチ2戦目は、ペイサーズとおこなわれまたもレブロンジェームズは出場せず、106-102でペイサーズが勝利しています。

ウェイドとローズのスタッツをこのゲームでのスタッツは以下の通りです。

ウェイド ローズ
得点 20 15
アシスト 0 3
リバウンド 5 3
FG確率 71.4% 62.5%
3p確率 0/0 2/2
出場時間 22:04 14:01

 

Sponsored Link


練習試合と言ってしまえばそれまでですが、今シーズン大きく期待したくなるプレーの連続でした。

https://www.youtube.com/watch?v=spTZpucJrnI

 

レブロンジェームスがベンチで拍手している姿がとても印象深かったです。

アイザイアトーマスもここに加わり、レブロンとインサイド陣と連携が取れ、控えの選手も調子を上げてこれば恐ろしいチーム力になることは間違いなさそうです。

キャブスの次ゲームは、10/9にワシントンウィザーズとおこなわれます。また楽しみなカードですね。




2017-18シーズンオフ
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント