主力不在のウォリアーズがスパーズに競り勝ち7連勝 プール31得点

 

6連勝でウェスト上位をキープするウォリアーズ。

2月2日におこなわれたスパーズ戦では、主力メンバーの多く(カリー、トンプソン、グリーン、ウィギンス、イグダラ)が欠場しましたが第4クォーターで15点差をひっくり返し逆転勝利をおさめています。

 

 

 

ジョーダンプールが31得点でスコアリーダーとなっていて、デイミオンリーが21得点で続いています。

 

 

チーム全体のスリーポイントも20/46(43.5%)と好調でした。

敗れたスパーズでは、デジャンテマレーが27得点9リバウンド9アシストでチームを引っ張りました。

 

 

ケルドンジョンソンが21得点で続いています。

 

 

コメント