ダミアンリラードのゲームウィナーでブレイザーズがウォリアーズに勝利

 

ウェスタンカンファレンスで共に勝ち越している、ブレイザーズ&ウォリアーズ。

3月4日におこなわれた両チームの対戦は、共に譲らない接戦となりましたが、ダミアンリラードのゲームウィナーでブレイザーズが108-106で勝利しています。

 

1Q2Q3Q4QT
GSW29272426106
POR28272726108

 

 

ブレイザーズでは、ダミアンリラードが22得点でスコアリーダーとなっていますが、ウォリアーズディフェンスもタイトで、好調とは言えませんでした。

それでも難しいラストショットを鮮やかに沈め、チームを勝利に導いています。

 

 

カーメロアンソニーも好調を維持し、22得点を挙げました。

ロバートコビントンとギャリートレントJrが15得点で続いています。

最後フリースローを2本外したコビントンは、肝を冷やしたでしょうか。

 

 

 

敗れたウォリアーズでは、ステファンカリーが35得点でスコアリーダーとなっています。

あからさまなカリーシフトのディフェンスの中、スクリーンを駆使しボールをもらい、ドライブとアウトサイドの併用で、ブレイザーズディフェンスに襲いかかかりました。

 

 

アンドリューウィギンスが14得点、ケントベイズモアが12得点で続いています。

練習中に手首を負傷した、ケリーウーブレJrはこのゲーム欠場しています。