ブレイザーズがマブスとの接戦制し4連勝 リラード34得点 ドンチッチ44得点

 

主要メンバーの欠場が続く中、勝率を維持しているブレイザーズ。

2月15日におこなわれたマブス戦にも、121-118で競り勝ち4連勝です。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
POR 34 24 45 18 121
DAL 25 36 30 27 118

 

 

ブレイザーズでは、ダミアンリラードが34得点11アシストでスコアリーダーとなっています。

勝利を手繰り寄せる、クラッチタイムのスリーポイントは流石でした。

 

 

ギャリートレントJrが17得点、カーメロアンソニーとロバートコビントンが15得点で続いています。

 

 

敗れたマブスでは、ルカドンチッチが44得点9アシストの活躍でスコアリーダーとなっています。

 

 

ラストプレイは、完璧なセットでしたが珍しくシュートを決めることが出来ませんでした。

 

 

クリスタルポルジンギスが18得点で続いています。