ウィザーズがセルティックスに久々の快勝 ビール35得点八村選手15得点ラス+27

 

苦しい戦いが続く、ワシントンウィザーズ。

2月15日におこなわれたセルティックス戦では、一時20点以上リードし、久々の快勝となりました。

 

1Q2Q3Q4QT
BOS2221242491
WAS29263415104

 

 

ウィザーズでは、ブラッドリービールが35得点でスコアリーダーとなっています。

FG確率は5割を超え、フリースローも11/11で沈めています。

 

 

八村塁選手が15得点で続き、気迫のこもったアンドワンも印象的でした。

 

 

ラッセルウェストブルックは、13得点9リバウンド11アシストを記録しています。

FG確率6/19、フリースローもエアーボールしたりと調子は上がりませんが、チーム最多となる+27でゲームを終えました。

 

 

 

スターターで、センターのワグナーを入れたのも好材料でした。

 

 

敗れたセルティックスでは、ジェイレンブラウンとケンバウォーカーが25得点を挙げています。

 

 

エースのジェイソンテイタムは、FG確率3/14の6得点とブレーキでした。