ネッツが147点の猛攻でサンダーに快勝 9人が2ケタ得点

 

新BIG3体制となり、徐々に勝率を上げてきたブルックリンネッツ。

1月30日におこなわれたサンダー戦では、ケビンデュラントが欠場ながら9人の選手が2ケタ得点を挙げ147-125で快勝しています。

 

1Q2Q3Q4QT
BKN36403932147
OKC27323531125

 

ネッツでは、ジェームズハーデンとカイリ―アービングが25得点を挙げスコアリーダーとなっています。

ハーデンは10リバウンド11アシストでトリプルダブルを記録しています。

 

 

 

ジョーハリスがスリーポイントを5/9で沈め、20得点で続いています。

147得点は球団記録更新となりました。

 

 

サンダーでは、シェイギルアレキサンダーとフランス出身のルーキー、テオマレドンが24得点を挙げチームを引っ張りました。