The Super 8 3日目 琉球・千葉共に3連勝でセミファイナルへ

The-Super-8琉球、千葉

 

千葉ジェッツ、琉球ゴールデンキングス共に連勝で盛り上がりを見せるThe Super 8。

連日の開催となりますが、3日目の様子を見ていきましょう。

千葉ジェッツvsSeoul Samsung Thunders

 

第1クォーターで25-19とリードした千葉でしたが、前半終了時点では42-43と逆転を許します。

しかし第3クォーターで再度逆転するとそのまま逃げ切り結果的に82-75で勝利しています。

フェイスブックに投稿されているフルゲームハイライトを入れたかったのですが、うまくいかないので観戦したい方は以下のフェイスブックページから。

琉球vsShenzhen Leopard

琉球が序盤からリードする展開だったゲームですが、第4クォーターで日本では信じられないような事件が起こりました。

Shenzhen Leopardが審判のジャッジに不服だったのか試合放棄してしまいました。

ライブ放送されていたフェイスブックにはコメントも多数寄せられ、何が起こったのか理解できないという状況に陥りました。

公式フェイスブックでは、それらの様子も全て収録されている動画が配信されています。

おおよそ負けが濃厚だったからなのか、ワンプレーのジャッジに我慢できなかったのか、そのゲームに対しての不満なのか、大会への不満なのか定かではありませんがバスケットの試合ではあまり見ることのない光景でした。

運営側は以下のようなコメントを残しています。

 

あのシーンだけをかいつまんでもおそらく解決しない問題ではありますが、序盤から一定リードをされているチームがあのような態度をとると共感できないのがスポーツマンなのかもしれません。

こちらも動画が見れるので問題のシーンは是非見てみてください。フェイスブックのコメントが視聴者の全てだと思います。

セミファイナル

日本から参戦している両チームは3連勝で共にセミファイナルへとコマを進めています。

大会のルールをすべて理解していないのですが、おそらくセミファイナルであたることはなく日本チーム同士の決勝に期待してしまいます。

琉球の第3戦は遺恨の残る内容となりましたが、切り替えてセミファイナルへ望んでほしいものです。

関連記事



コメントを残す