【バスケ】Bリーグ開幕!日本のバスケが変わる!?

日本の新バスケットボールリーグ、Bリーグがいよいよ平成28年9月22日に開幕します。

日本のバスケットファンはどんな風にこの開幕を待っているのでしょうか?

今後の日本バスケット界においてBリーグ開幕は必ず成功させなくてはいけない大イベントです。

Bリーグはどのような経緯で生まれ今後どのように歩んでいくのか順に見ていきましょう。

Bリーグってどんなリーグ?!

Bリーグは日本男子バスケットボールプロリーグの通称で、正式にはJPBL・ジャパンプロフェッショナルバスケットボールと言います。

発足された経緯は、ご存知の方も多いと思いますが、JBL(実業団リーグ)とBJリーグ(プロリーグ)の共存をFIBAに指摘されながらも運営し続け、世界大会への出場を規制されたことから統合されました。

企業側の言い分とBJリーグ側の言い分で食い違う部分はとても多く、共存共栄は難しいと思われましたが、サッカーJリーグの初代チェアマンである川淵三郎氏を中心に結成され、ことは上手く?!進みBリーグ発足までこぎつけました。

川淵さんて何者?!と感じてしまいますが、川淵さんのバックグラウンドは以下のサイトを参考にしてください。

参考-川淵三郎 wikipedia

Bリーグってどんな感じで試合していくの?!

Bリーグは参加資格の中にチーム名に地域を加えたり本拠地を置く必要があります。

そのため、野球やサッカーのプロリーグと同じように今後地域に根付いた活動する流れとなりファンも地元を中心に構成されることが予想されます。

レギュラーシーズンは60試合で、NBAと同様に地域でディビジョンが分かれます。

Bリーグのディビジョンは3つで、ゲームは毎週末に行われるため観戦できるチャンスはどんな世代の方でも多いでしょう。

レギュラーシーズン後には8チームのプレイオフが行われます。

3ディビジョンで8チームとなると計算が合いませんが、各リーグの上位2チームとワイルドカードと呼ばれるレギュラーシーズンで2位にまでには入れなかったその他の2チームが出場します。

試合形式はNBAに似ているためその年の一番強いチームがチャンピオンになることは間違いないでしょう。

Bリーグってどんなチームがあるの?!

Bリーグは、B1と呼ばれる1部リーグが18チーム、B2と呼ばれる2部リーグが18チームから形成されています。

2部制ながら日本のプロバスケットボールリーグに36チームが登録されスポンサーがつき運営されていくということに驚かれる方も少なくないかもしれません。

B1リーグのチームは以下の通りです。

チーム名地域本拠地前リーグ
レバンガ北海道北海道NBL
仙台89ERS宮城県BJリーグ
秋田ノーザンハピネッツ秋田県BJリーグ
栃木ブレックス栃木県NBL
 千葉ジェッツ千葉県NBL
アルバルク東京東京都NBL
日立サンロッカーズ東京都NBL
横浜ビーコルセア―ズ神奈川県BJリーグ
東芝川崎ブレイブサンダース神奈川県NBL
新潟アルビレックスBB新潟県BJリーグ
富山グラウジーズ富山県BJリーグ
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ愛知県NBL
三遠ネオフェニックス愛知県BJリーグ
シーホース三河西愛知県NBL
滋賀レイクスターズ西滋賀県BJリーグ
京都ハンナリーズ西京都府BJリーグ
大阪エヴェッサ西大阪府BJリーグ
琉球ゴールデンキングス西沖縄県BJリーグ

NBLから8チーム、JBリーグから10チームでB1リーグは形成されます。

NBL出身のチームは、企業名が抜けているところもあるので違和感を感じる方も少なくないかもしれません。

また、都道府県で複数チームが在籍するところも少なくなく、愛知県は3つのチームがあります。

どのようなパワーバランスになるのか前両リーグとも違った新ルールとなるので下馬評は様々ですが始まってみないと分かりません。

Bリーグの外国人枠とオンザコートはどうなってるの?!

Bリーグの外国人枠はJBLに似たルール設定となりました。

B1リーグを例に挙げると登録選手は3人(帰化選手1人まで含む)までで、オンザコートは1試合を通じて6と設定されました。(帰化選手はオンザコートに含まれない)

また、1クォーターのオンザコート最大人数は2人までです。

JBLでは奇数クォーター1、偶数クォーター2の計6でこれまでと変わりませんが、BJリーグは登録選手4人(帰化ルールなし)の奇数クォーター2、偶数クォーター3の計10だったため外国人選手に頼っていたチームはやや苦しいルールと言えるでしょう。

ただ、試合前のオンコート提出という点ではJBLとも大きく異なる点です。

このあたりがどのようにゲームを左右するのかも見物です。

日本のプロバスケットリーグが外国人ばかりというのもなんだか違う気がするので今後の日本バスケット界にとってBリーグのルールはベターなのではないでしょうか。

Bリーグってテレビで見えるの?!

現状BリーグはNHK地上波とNHK-BS1でのテレビ放映が発表されています。

NHK地上波は全国放送ではなくHOMEチームの地元放送局が放映するためすべての地域で見れるわけではありません。

開幕戦となるアルバルク東京VS琉球ゴールデンキングスのゲームはBS1で9/22の18:00から放送予定です。(試合開始18:55)

また、地上波でもフジテレビで18:30~放送があります。

現状公式サイトでもテレビ放映のメニューはないため随時更新されるニュースで確認するようにしましょう。

テレビ放映が安定してこればホームページにもメニューが追加されると思われます。

Bリーグ公式HP-テレビ中継カード決定のお知らせ

その他にも各種SNSやyoutube公式ページにも力を入れているのでハイライトであれば多くの動画を見せてくれることに期待しましょう。

Bリーグのチケットってどこで買えるの?!

Bリーグのチケットは公式HP、コンビニ、現地の3つの方法で購入可能です。

公式HPには購入の際の詳しい手順が分かりやすく解説されているので、ネットでチケットをあまり購入したことがないという方でも安心して購入することが出来るでしょう。

Bリーグ公式HP-チケットページ

また、スマートフォンアプリからチケットを購入し、スマートフォンの画面がチケットになる今時のアイテムもあります。

アプリ画面もファンチームカラーにカスタマイズ可能で、チケットをメールやラインで送ることも可能です。

最後に

いよいよ開幕となるBリーグですが、今後どのような展開を見せていくのか誰にもわからないと言えるほど不安な点もバスケットファンからすると多いでしょう。

それでもこれまでの日本バスケットがメディアでここまで取り上げられたことはないと思うので、野球やサッカーに遅れは取りましたが、同様に有能な選手を海外に輩出できるようなリーグになることを誰もが望んでいます。

そして、ナショナルチームでワールドカップやオリンピックで世界の強豪国と対等に対峙する時が来ればさらに盛り上がりを見せるでしょう。

まだ少し気が早いかもしれませんが、開催国で出場が決定している東京オリンピックにはあと4年もありません。

初年度から全てが上手くいくわけではないと思いますが、ファンとして楽しみながら地元チームを応援したいと思います。

コメント