ロケッツvsジャズ 劇的ブザービータースリーポイント NBA2019-20

NBA2019-20シーズン

 

スモールラインナップを導入し、新チームでチャンピオンリングを目指すヒューストンロケッツ。

2月10日おこなわれたジャズ戦では、ラッセルウェストブルックも復帰しています。

ゲーム展開

GAME 53: Rockets vs. Jazz

 

終盤の痺れる攻防に終止符を打ったのは、ジャズのボーヤンボクダノビッチでした。

何度も決まりかな?!という雰囲気なりながら、さすがにPJタッカーのスリーで逆転勝利と思われましたが、あれを決められてはボクダノビッチを褒める以外ないでしょう。

 

Every Angle Of Bojan Bogdanovic's Buzzer Beater | Feb. 9, 2020

 

ユタジャズ

ジャズでは、ジョーダンクラークソンが30得点を挙げスコアリーダーとなっています。

 

Highlights: Jordan Clarkson—30 points, 3 3pm

 

ドノバンミッチェルが24得点、マイクコンリーが200得点で続いています。

 

Highlights: Donovan Mitchell—24 points, 6 assists

 

Highlights: Mike Conley—20 points, 6 assists

 

ボクダノビッチは、8得点にとどまり最後のシュートを放つまでスリーポイントも1/4でした。

 

ヒューストンロケッツ

ロケッツでは、好調続けるラッセルウェストブルックが39得点でチームを引っ張りました。

ジェームズハーデンも28得点10リバウンド10アシストでトリプルダブルを記録しますが、スリーポイントは2/13と不調でした。

ハーデン以外の選手は全員スリーポイントを40%以上で成功させていて、ロバートコビントンが14得点、ダニエルハウスJrが10得点で続いています。

 

最後に

劇的なブザービーター決着となったウェストの上位対決。

スモールラインナップで1試合踏ん張り切り、最後にあれを決められるとロケッツも相当きつそうです。

ロケッツは、ゲーム中に選手同士で激しく会話をするシーンも見られ、まだまだチームは変貌を遂げそうです。

ジャズは5連敗後の連勝でまた勝率を上げていってくれそうです。

 

コメント