レイカーズvsナゲッツ ウェスト1位と2位が対決 NBA2019-20

 

上位陣もかたまってきたNBA2019-20シーズン。

12月4日には、ウェスタンカンファレンスの1位レイカーズと2位ナゲッツの試合がおこなわれました。

ゲーム展開

 

1Q2Q3Q4QT
LAL28322421105
DEN2425272096

 

レイカーズがリードしては、ナゲッツが追いつくような展開が続きました。

それでもレイカーズは最後まで逆転を許さず、結果的に105-96でレイカーズが勝利しています。

 

ロサンゼルスレイカーズ

レイカーズでは、レブロンジェームズとアンソニーデイビスが共に25得点を挙げチームを引っ張りました。

FG確率も2人とも50%を記録しています。

 

 

 

ドワイトハワードが13得点6リバウンドで続き、ラジョンロンドが11得点6リバウンド6アシストを記録しています。

 

デンバーナゲッツ

ナゲッツでは、ジャマールマレーが22得点を挙げスコアリーダーとなっています。

得意のスリーポイントは0/3で、チーム全体でも6/29と苦しみました。

 

 

ポールミルサップが21得点で続きましたが、ニコラヨキッチは13得点にとどまりました。

 

最後に

上位対決ではありましたが、意外とあっさりアウェイのレイカーズが勝利してしまったような印象です。

中盤かなりぐだぐだとも言える時間帯もあり、共にディフェンスがいいチームではありますがロースコアとなったのはそれだけが原因ではなさそうです。

クリッパーズが勝利したため、ナゲッツは3位転落となりました。