ナゲッツvsウルブズ ヨキッチ連日の決勝ジャンパー NBA2019-20

 

共に勝率が5割を超えるナゲッツとウルブズ。

両チームの対戦が、11月11日にウルブズのホームでおこなわれました。

ゲーム展開

 

1Q2Q3Q4QOTT
DEN2722271410100
MIL27241326898

 

ゲームが動いたのは後半に入ってからでした。

ナゲッツが2ケタまでリードを広げますが、第4クォーターにはホームのウルブズが追い上げを見せゲームはオーバータイムへともつれ込みます。

オーバータイムに入っても共に譲りませんでしたが、同点の場面から残り約2秒でニコラヨキッチがジャンパーを沈め終止符を打ち、ナゲッツ100-98で勝利しています。

 

デンバーナゲッツ

連日となる決勝ジャンパーを沈めたニコラヨキッチが20得点を挙げスコアリーダーとなっています。

 

 

ナゲッツは、ターンオーバー20、FG確率38.6%と苦しみましたが敵地で価値ある勝利となりました。

 

ミネソタティンバーウルブズ

ウルブズでは、カールアンソニータウンズが25得点を挙げスコアリーダーとなっています。

 

 

スリーポイント3/14と、ヨキッチの1/7もそうですが多投するよう指示があったのでしょうか。

アンドリューウィギンスも25得点を挙げ好調をキープしていますが、スリーポイントは1/6とこちらも不調でした。

チーム全体でスリーポイントが6/45では、地元ファンもストレスがたまったでしょう。

 

最後に

オーバータイムに入りながら両チームの合計が200点いかない昨今では珍しいゲームとなったかもしれません。

共にフリースロー確率も悪く、反省点の多いゲームとなりました。

次ゲームからの修正に期待しましょう。