NBAスリーポイントランキング

2/25 NBA2018-19 ニックスがホームでスパーズに快勝

NBA2018-19レギュラーシーズン

 

 

主力も復帰し、プレイオフに向けて少しでも順位を上げたいスパーズ。

2/25にはアウェイでニックスと対戦しています。

スパーズ vs ニックス

1Q 2Q 3Q 4Q
SAS 26 27 30 35 118
NYK 30 32 32 36 130

終わってみればホームのニックスが全てのクォーターをリードする快勝となりました。

後半10点前後の差が中々つまらなかったのが意外といえば意外でした。

 

 

スパーズとしてはイースト下位のニックスに対し130点というのはやはり取られすぎでしょう。

 

個人スタッツ

ニックスではデイミアンドットソンが27得点を挙げチームを勝利に導きました。

スリーポイントを8/13の61.5%で沈めています。

ニックスではその他にも5人の選手が15得点以上挙げています。

敗れたスパーズでは、デマーデローザンが32得点でスコアリーダーとなっています。

スリーポイントは0/0と相変わらずです。

オルドリッジが18得点で続いています。

 

最後に

SNS上でもこのゲームの結果に対し様々な意見が挙がっていました。

スパーズファンは日本にもとても多いので、アウェイながらイースト下位のチームに4クォーター全てリードされての敗戦は予想していなかったかもしれません。

ニックスはチーム全体のFG確率が5割を超え、地元ファンにとってもいいゲームとなりました。

残り試合は少ないですが、来季につながるゲームに期待しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました