NBA2018プレイオフハイライト

アジアカップU18バスケット日本代表、準々決勝で韓国に敗れる

8月19日からおこなわれているアジアカップ2014U18バスケットボール選手権。

決勝トーナメントに進出した日本代表でしたが、決勝トーナメント初戦の準々決勝で韓国に61-90で敗れ2015年におこなわれるU19FIBAワールドカップ出場のキップを手にすることは出来ませんでした。

第1クォーター20-16とリードしてスタートした日本でしたが、前半終了時には34-36と逆転を許し、第3クォーターでは7-28のスコアで41-64とゲームを決められてしまいました。

第4クォーターもさらにリードを広げられ終わってみれば61-90の29点差で完敗という結果になっています。

三上選手、津山選手、内田選手が2ケタ得点(順に12点、10点、10点)を挙げていますが、必然的に個人スタッツも低いです。

ワールドカップ出場が途絶えてしまいましたが、やはり上位国である中国、韓国、イランとの力の差を感じる大会となってしまいました。

1次予選ではチャイニーズタイペイにも敗れていて、結果的にその敗戦が決勝トーナメントの早い段階で韓国と対戦することに繋がってしまったので、大きなポイントであったと言えます。

チャイニーズタイペイはフィリピンに勝利し準決勝へと駒を進めているので、是が非でも2次予選で2位につけたかったところですが、スポーツの世界でたらればはキリがありませんね・・・

韓国に29点差の敗退で、その韓国も中国には30点以上の差で負けていて、その中国も世界ランクは2ケタです。

日本バスケットの世界との距離はまだまだ非常に遠いと思えてしまいますが、悲観ばかりしていても仕方ないのでファンとしては声援を送り続けるしかありません。

今大会のメンバーが次世代のフル代表の中心となっていくのは間違いなさそうなので今後の更なる活躍に期待したいところです。

ようやく今大会の動画が色々とアップされて来ましたが日本のものはまだ見つけられていません・・・また見つけられたらまとめてアップしたいと思います。




男子
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント