NBA2018プレイオフハイライト

アジア大会、バスケットボール男子20年振りのメダル獲得!

041

 

様々な競技でメダルラッシュとなっているアジア大会2014ですが、日本男子バスケットボールが3位決定戦でカザフスタンに競り勝ち20年振りのメダルを獲得しました。

1次予選でカタールに競り負けた日本代表は2次予選でアジアの強豪イラン、中国と同組みになる厳しい状況となりましたが、イランには敗れたものの中国に競り勝ち、決勝トーナメント進出を決めました。

 

 

準決勝からおこなわれる決勝トーナメントで開催国の韓国と対戦した日本でしたが、63-71で惜しくも敗れ決勝進出でのメダル確定とはいきませんでした。

皮肉にも前大会同様の準決勝で韓国に敗れるという結果となり、今大会では女子も準決勝で韓国に敗れています。

 

 

3位決定戦ではカザフスタンに76-72と競り勝ち、見事に20年振りのメダルを手にしました。

中国戦の勝利がすべてと言ってもよさそうな今大会でしたが、昨今のアジア大会での不調、FIBAワールドカップの結果を受けて世界ランキングが35位⇒46位と急落した後の大会だけにこの結果は大きなものとなりそうです。

中国は世界ランキング14位ですから相手のメンバーがどれほどフルに近いものなのか定かではありませんが、大金星と言えるのではないでしょうか?!

アジア圏の中でも8位とランキングが低い日本ですが、世界大会に出場するためにはアジア圏で3位以内に入らなければほぼ無理なので、今大会のようの結果を世界大会の予選でも残し、アメリカやスペイン、アルゼンチンなどの世界の強豪と世界大会で対戦し、その経験を活かしてまた強くなるようなチームになってほしいですね。

バスケット経験者ですらあまり興味を持たない日本バスケットではありますが、日本人の中では限りなく上手いプレイヤーの集まりですし、今後アメリカにこだわらない海外での活躍にも期待したいところです。

 

[btn_l color=”green” corner=”r” url=”http://matome.naver.jp/odai/2141049872524856501″]日本国内でこんなにバスケの人気がないのはなぜ?!。[/btn_l]

 

 

 

また、女子日本代表も3位決定戦で台湾に61-59と競り勝ち見事に男女ともメダル獲得となっています。

優勝国は男女共に韓国となっていて、開催国のホームコートアドバンテージを活かした結果となりました。

 

[btn_l color=”green” corner=”r” url=”http://sneakerlove.biz/archives/category/%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba”]NBA選手モデルの人気バッシュはこちら。[/btn_l]

 




男子
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント