リオ五輪 バスケットUSA 準々決勝でアルゼンチンに快勝!

アメリカ代表

 

日本女子バスケットが決勝トーナメント初戦で敗れてしまったため、残りの楽しみは男子USA代表という方も少なくないのではないでしょうか?!

女子に引き続き男子の決勝トーナメントも開幕しましたが、アメリカ代表は初戦でアルゼンチンと対戦しました。

アメリカとアルゼンチンと言えば、これまでにも世界大会で幾度となく素晴らしいゲームを見せてくれていますが、予選リーグ終盤に思った以上に苦戦を強いられたアメリカが決勝トーナメントでどのようなゲームを見せてくれるのか楽しみなところです。

アメリカとアルゼンチンは7月にエキシビジョンマッチをおこなっており、その時は111-74でアメリカが勝利しています。

 

 

エキシビジョンマッチでは、アメリカ代表がセーフティーリードを保ったまま終始ゲームを進めましたが、本番ではどのような展開になったのでしょうか?!

第1クォーターは、25-21でアメリカリードと競ったスタートとなりました。

しかし、第2クォーターでアメリカが31-19と引き離し、前半終了時点で56-40と16点リードします。

さらに第3クォーターも31-21としたアメリカは26点リードとし、結果的に105-78の27点差でアメリカが勝利しています。

 

アメリカ アルゼンチン
1Q 25 21
2Q 31 19
3Q 31 21
4Q 18 17
105 78

 

予選リーグでアルゼンチンやセルビア、フランスと1ケタ点差のゲームが続いていたので、アメリカを応援する方にとっては安心できるゲーム展開となりました。

アメリカのスコアリーダーはケビンデュランの27得点となっていて、スリーポイント7/9(78%)を含むフィールドゴール確率は69%と素晴らしいプレイを見せてくれました。

その他にもポールジョージが17得点、デマーカスカズンズが15得点、カイリーアービングが11得点を記録しています。

カーメロアンソニーが30点取ったり、クレイトンプソンが30点取ったりと毎ゲームスコアリーダーが変わるのもアメリカの強さの証拠でしょう。

ハイライト動画が出ていないため、唯一見つけたデローザンの360°ダンクをお楽しみください。

また、アルゼンチン代表ではマヌジノビリが約26分出場していて14得点を記録しています。

ジノビリもおそらく最後のオリンピックとなりそうなので、最後にアメリカとのゲームが見れたことに喜びを感じたファンも多いでしょう。

アメリカの準決勝の相手はスペインとなっていて、北京、ベルリンでは決勝のカードです。

今大会はスペインに以前ほどの強さを感じませんが、どのようなゲームになるのか楽しみなところです。

下の動画は2008年におこなわれたベルリンオリンピックの決勝の様子です。アメリカが勝利していますが、この時のアメリカのメンバー相手にここまでのゲームを展開できるスペインも今考えれば恐ろしいです。


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

オリンピック
OverTime

コメント