リオ五輪 バスケット男子 アメリカが金メダル獲得!

アメリカ代表

 

日本のメダルラッシュに沸いたリオオリンピック2016。

バスケット男子の決勝が8/22(月)の早朝におこなわれアメリカ代表が見事に金メダルを獲得しました!

予選リーグで3点差と競ったセルビアとの決勝戦でしたが、96-66の30点差を付ける勝利で金メダルを飾りました。

 

アメリカ セルビア
1Q 19 15
2Q 33 14
3Q 27 14
4Q 17 23
96 66

 

第2クォーターからは完全にアメリカのペースとなり、第3クォーター終了時点で79-43とゲームを決めてしまう強さでした。

各クォーターの得点を見てもわかる通り、上背がありスクリーンプレイ、アウトサイドシュートの上手いセルビアが第3クォーターまで全て10点台に抑えられているのが印象的です。

個人スタッツでは、約30分とチーム最多の出場時間となったケビンデュラントが30得点でスコアリーダーとなっています。

毎ゲームスコアリーダーの変わるアメリカ代表ですが、やはり今大会のエースはKDだったということでしょうか?!

大会中にはスコアリングしたい選手が多く、ゲーム中の1on1が目立つといった指摘もあったようですが、決勝ではデュラントに次ぐスコアがデマーカスカズンズの13得点、クレイトンプソンの12得点とその辺りも改善されたのかもしれません。

決勝前におこなわれた3位決定戦では、準決勝でアメリカに敗れたスペインがオーストラリアを下し銅メダルを獲得しています。(下の動画はアメリカとスペインの準決勝のハイライトです。)

約10年の間、スペインとアメリカの頂上決戦が続いていましたが、前回のワールドカップあたりから様子はやや変わってきています。

また、スペイン・フランスではジノビリとパーカーも代表からの引退を表明していますしアメリカ以外の各国は今後更にパワーバランスに変化があるでしょう。

4年後は東京オリンピックとなりますが、レブロンジェームスも参戦を希望しているようですし、日本で各国がどのようなバスケットを見せてくれるのか今から楽しみでなりません。


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

オリンピック
OverTime

コメント