リオ五輪 カーメロ31得点!オーストラリアにUSAが勝利し3連勝

アメリカ代表

 

日本人のメダル獲得速報が毎日のように届きますが、バスケットファンのお目当てはアメリカ代表バスケットチームという方も少なくないでしょう。

日本は女子チームがオリンピックに出場していて決勝トーナメントも近づいていますが、男子はやはり日本が出場していないこともあってドリームチームやNBA選手のいる国に注目が集まるのは致し方ありません。

そんな中、USA代表の予選第3戦がオーストラリアとおこなわれました。

ここまで2連勝同士の対決となりましたが、オーストラリアにはNBAで活躍する選手が数名います。

スパーズのパティ―ミルズ、ウォリアーズのアンドリューボーガット、キャブスのマシューデラベドバと言えばNBAファンなら誰もが知るプレイヤーと言っても過言ではありません。

開始早々から接戦となったゲームは前半を終えて54-49でオーストラリアがリードする意外な展開となります。

しかし、後半に入ると自力で勝るアメリカ代表がじわりじわり追いつき追い抜き、結果的に98-88でアメリカが勝利しています。

いくらオーストラリアにNBA選手が多いといってももう少し点差のついたゲームを想像していた方も多いと思われますが、ややアメリカの金メダルに不安を残すゲームとなったかもしれません。

オーストラリアはスパーズのパティ―ミルズが30得点の活躍でチームを引っ張りました。ミルズはここまで3ゲーム全てで20得点オーバーの活躍を見せています。

また、ボーガッドが15得点3ブロック、デラバドベが11得点11アシスト7リバウンドと期待通りの活躍を見せています。

一方のアメリカ代表は何といってもカーメロアンソニーの31得点8リバウンドが印象的でしょう。

スリーポイント確率8/15とロンドンオリンピックのゲームを思い出した方も少なくないのではないでしょうか?!

カイリ―アービングが17得点と続きますが、第4クォーターの勝負所で12得点としています。

残り1分35秒、アメリカ4点リードで沈めた3ポイントは2016ファイナルのラストショットを彷彿とさせるものでした。

 

 

次ゲームは、アメリカがセルビア、オーストラリアが中国となっています。

両チームの決勝トーナメント進出はほぼ間違いなさそうですが、メダルに向けてさらなる好プレイに期待したいところです。


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

オリンピック
OverTime

コメント