NBA2018プレイオフハイライト

NBA2016ファイナル、キャブスがホームで初勝利!




NBA2016ファイナル第3戦

ウォリアーズの2連勝でスタートしたNBA2016ファイナルですが、第3戦はキャブスのホームに移りおこなわれました。

第2戦では、大きな点差をつけてウォリアーズが勝利したため、すでにウォリアーズの優勝ムードも流れていましたが第3戦を終えてまた冷静にファイナルを観戦できるようなゲーム展開となりました。

ゲーム展開

ゲーム開始から負けられないキャブスが猛攻に出てどんどんと点差を広げていきます。

第1クォーターのスコアは33-16とウォリアーズ顔負けのスタートダッシュをキャブスが決めました。

第2クォーターは逆に27-18とウォリアーズがリードしたためキャブスファンはやや不安になったかもしれませんが、その後はキャブスが点差をさらに広げていき結果的に120-90の30点差で勝利しています。

 

 

動画を見るとホームコートの強みというのをとても感じます。ウォリアーズの選手も時折いいプレーを見せていましたが、声援があれではやはり乗り切れないといった雰囲気でした。

キャブスの好ゲームの後ですが、そう考えるとホームコートのゲームが1試合多いウォリアーズがまだまだ有利だと改めて感じてしまいます。

個人スタッツ

キャブスはレブロンとアービングで62点と大暴れでした。JRスミスの3ポイント5本を含む20得点やトリスタントンプソンのFG確率の高い14得点も今シーズンのキャブス象徴といえるかもしれません。

ケビンラブが第2戦の脳震盪の影響からか欠場していましたが、次ゲームはビッグ3揃っての活躍に期待したところです。

 

 

 

一方のウォリアーズですが、カリー19得点、イグダラ11得点、トンプソン10得点と沈黙しています。

第1戦のようにベンチメンバーが爆発したわけでもないのでこのような点差になることは致し方ないでしょう。

キャブスのチームFG確率が52.7%なのに対し、ウォリアーズは42.1%とスタッツの面からみてもウォリアーズにとっては厳しいゲームとなりました。

第4戦に向けて

NBAの公式ページには、「キャブスが一矢報いる」と書かれていましたが、なんかちょっと違うんじゃないかと感じてしまいました。一矢報いるって負けそうなチームのことでしょ・・・

言葉のあやかもしれませんが、ウォリアーズがホームで連勝しただけの話では?!ウォリアーズが勝つと公式サイトも思っているのか?!と感じました。まだファイナルは始まったばかりと悠長に見ているのは管理人だけでしょうか?!

今も昔も第5戦が面白いんだよ・・・

話が少しずれましたが、第4戦はケビンラブの出場にも注目が集まります。ビッグ3のさらなる活躍が見られるのか、ウォリアーズがオフェンスを修正し勝利してくるのか目が離せません。

第4戦は日本時間の6/11土曜日、午前10:00ティップオフです。BS1で放送があるのでライブで観戦できる方はお忘れなく!

[btn_l color=”green” corner=”r” url=”http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3151158&pid=882999831″]NBA見るならwowow[/btn_l] [btn_l color=”green” corner=”r” url=”http://sneakerlove.biz/archives/category/%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba”]NBA選手モデルの人気バッシュはこちら。[/btn_l]

 




2016プレイオフ・ファイナル
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント