NBA2018プレイオフハイライト

NBA昨シーズン4強のうち3チームがレギュラーシーズン敗退

 

 

 

82試合に渡るレギュラーシーズンを終えたNBA2014-15。

昨シーズンとは大きく違ったレギュラーシーズンの結果となり、昨シーズンプレーオフカンファンレンスファイナルへ進出した4チームのうち、3チームがプレーオフへ進出出来ないという結果となりました。

パワーバランスを大きく崩した要因はトレードと怪我。。。これにつきると思います。

もちろんウォリアーズやホークスの強さは本物ですが、管理人の周りでバスケは好きだけどNBAをあまり見てないという方々は、プレーオフの対戦表をみてなんだこれ?!と言っていました・・・

 

047

 

昨シーズン、カンファレンスファイナルまで進出したチームで、唯一今シーズンプレーオフ進出したのは、昨シーズン王者のサンアントニオスパーズで、ベテランとなるビッグ3を休ませながら順位をキープして来ました。

それでもウェスタンカンファレンス6位とプレーオフを戦うには厳しい順位で、ポポビッチヘッドコーチの計算では主力をある程度休ませても、2位には入れると思っていたような気がしないでもないです。

それほど今シーズンのウェスタンカンファレンスは勢いがあったと言えます。

 

 

サンダー、ヒート、ペイサーズは全てプレーオフへ進出することは出来ませんでした。

ヒートのレブロンが、キャブスへ移籍したことが最もインパクトのある話かもしれませんが、ポールジョージのシーズンをほぼ棒に振る大怪我に加えて、デュラントの足の怪我も長引いていますね。

サンダーではイバカも負傷していますし、ヒートのウェイド・ボッシュも満身創痍といった状況のように感じました。

シーズン途中で、コービーやカーメロも不在となり怪我の恐ろしさを痛感したシーズンではありますが、ファンとしてはとても残念です。

素晴らしいパフォーマンスが身体へ負担がかかることは経験者なら理解は出来ますが、それよりも素晴らしいプレーを見たいというのがファンとしては本音です。

 

 

昨シーズンとは大きく姿を変えたプレーオフですが、どんなドラマを見せてくれるのかとても楽しみなところです。

勝敗予想に関しては、ファーストラウンドが始まる前にまた書きたいと思います。

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

[btn_l color=”green” corner=”r” url=”http://sneakerlove.biz/archives/category/%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba”]NBA選手モデルの人気バッシュはこちら。[/btn_l]



2014-15シーズン
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント